Funeral-Stuffs

いざというときに備えて|葬儀の種類を知っておこう

葬儀の仕組みと特徴

葬儀の仕組み

式場

日本では、生前に葬式の話をするのはタブー視されており、不謹慎と感じる方が大勢います。しかし、自分の最後のことを考えるという意味では、とても大切なことです。葬式を行う家族からすれば、本人が希望する形の葬式を行い、納得できるものにしたいと考えます。生前から葬式について相談しておけば、いざという時に慌てずに済みます。また、家族で参列者や費用、葬儀社、葬式のタイプなどを決めておくことも大切です。葬式には、直葬、密葬、家族葬、一般葬などの種類があります。直葬は、通夜と告別式を行わずに火葬のみを行うものです。参列するのは家族、親族、一部の友人だけに限られています。大東市では、葬式にこだわりがなく費用を安くしたい方が選んでいます。密葬は、家族のみで火葬して、後で本葬や社葬、お別れ会を行うものです。家族葬は、名前の通り家族と一部の友人が参列して、通夜と告別式を行うものです。大東市で行われる葬式の約4割が家族葬といわれており、一般葬に次いで多い葬儀のタイプです。一般葬は、以前からある葬式のタイプで、誰でも参列することができます。大東市の費用相場は、直葬は10万円台、家族葬は20〜40万円、一般葬は50万円以上となっています。費用は、参列者の人数やサービス内容によって異なりますので、葬儀社と打ち合わせが必要です。大東市では、生前葬や自然葬、散骨などを選ぶ方も増えており、葬式の形も時代の流れとともに多様化しています。

葬儀を行う手順とは

葬式

家族が病気などで亡くなったときに、残された人たちがまず最初にやるべきことは、葬儀会社とお葬式のプラン選びです。24時間対応の業者が大東市内には数多くあるので、費用や斎場の予約状況などに合わせて、すぐに適した業者が見つかるでしょう。ウェブサイトでお葬式の費用を紹介している業者が中心ですが、直接葬儀会社を訪れて、早めに詳細なプランを決めるのが理想的です。特に祭壇の種類や供花や供物の数などで、葬儀のイメージが大きく変わるので、必要なオプションを早めに注文するべきでしょう。そして葬儀会社と告別式などのスケジュールを打ち合わせる一方で、宗派に合わせて僧侶を手配することも重要です。最近ではお寺の檀家になっている世帯も減っているので、大東市の寺院についても詳しい、地元の葬儀会社のサポートが不可欠です。更に標準的なお葬式のプランには、祭壇や棺や霊柩車の料金が含まれているケースが多いですが、食事や返礼品の手配には更に10万円程度が必要です。予算オーバーを避けるために、事前に大東市の葬儀会社と綿密なシミュレーションを行って、総費用を確定させるのが賢い方法です。確かに香典などで、お葬式の費用の半分程度を賄えるケースが多いですが、その場合でも50万円程度の資金を用意するべきです。近ごろでは一日で終わるプランが大人気ですが、その後も納骨や四十九日の法要の準備が必要であり、大東市の葬儀会社のアフターフォローが役立つでしょう。

丁寧な見積もりが大事

葬儀会場

急に葬式を出すことになると、慌ててしまって病院や知人の紹介で決めてしまうこともあります。その時に詳細をよく確認せず契約してしまいあとで後悔する人もいるのです。大東市にどのような葬儀社があり、プランや料金設定はどのようになっているのか知っておくことも大事です。まずは大東市の葬儀社にカタログやパンフレットなどの資料請求をしてみましょう。この対応が素早く、契約に関係なくてもスタッフが丁寧に質問などに応じてくれる葬儀社なら安心できます。営業実績や葬儀の実例なども調べておくことも大事です。実際に契約をするときには、きちんと見積もりをしてプランやオプションを提案してくれる業者を選びましょう。中には予算が高めのプランや無駄なオプションを無理に勧める葬儀会社もあります。また早めの葬儀の準備が必要だからと言って契約を急がせる業者もいます。あくまで故人の家族の立場になって最適なプランを提供し契約を押し付けるようなことのない業者を選ぶことが大切です。最初に見積もりをきちんとしなければあとで追加料金が発生することもあります。また大東市ではどのような葬式をしたいかによって選ぶ葬儀会社は違ってきます。家族葬や小さな葬式をする場合は、小規模葬式専門の葬儀会社も大東市にはあります。このような会社は小ホールも多く用意していて、低予算のプランもそろっています。葬儀後の支払いも余裕を持った期間をあけてくれる葬儀会社を選ぶことも大事です。