Funeral-Stuffs

いざというときに備えて|葬儀の種類を知っておこう

葬儀費用とサービス内容

葬儀費用の内訳とサービス

合掌

大東市の業者に葬式を依頼する場合の費用相場は約200万円といわれています。葬式のタイプや規模によって金額は上下し、最安値は20万円、最高値は数百万となっています。大東市の一般的な葬式費用は基本料、飲食接待費、お寺への支払いに大きく分けることができます。葬式の基本料とは、故人を納めるためのお棺、寝台車、祭壇料、式場使用料、控室使用料など葬式に関する費用のことです。80人の参列者がいる場合は一式費用だけで約100万円というのが大東市の平均相場です。飲食接待費は通夜や告別式に出される料理と参列者への返礼品にかかる費用のことです。80人が参列者で計算すると約70万円になります。また、礼状印刷代、誘導警備員の人件費、お花代などが別途で約30万円かかります。更に、お坊さんのお車代、読経料、お布施なども必要になります。大東市では、簡略した葬式を希望する方も増えており、100万円以下の葬式も可能です。火葬と読経などの供養だけ行う火葬、直葬タイプなら、約20万で済ませることができます。近親者のみが参列する家族葬の場合は、50万円以下が費用相場です。かつては、葬式を盛大に行って故人を見送ることが一般的でした。しかし、葬式への考え方の変化や家族への配慮などから、火葬や家族葬を希望する方が増えているのです。大東市の業者では、本人や家族の希望を尊重して、様々なプランを提案しています。大東市には生前予約ができる業者もいますので、希望の葬式を相談してみましょう。

宗教で変わる葬儀の流れ

数珠

日本の葬式は、仏式や神式、キリスト教式の3通りのスタイルが主です。最近は、これ以外のスタイルで行われるケースも増えていますので、葬式は大分多様化していると言えるでしょう。宗教によって進め方が違うことから、参列をする時には、先方の葬式のスタイルを聞いておくのが1つのマナーです。宗教によって大きく変わってくるのが、故人に哀悼の意をささげる時の作法です。例えば仏式では、このようなシーンで焼香と呼ばれる儀式を行います。故人の遺影に向かって、香をささげるのが、仏式のスタイルとなります。一方、こういった時に玉串を用いるのが、神式で行われる葬式のスタイルです。キリスト教式では、花を供えることで故人とのお別れをします。大東市の葬儀場では、いずれの葬式にも対応出来るような設備や態勢を整えます。宗教に関係なく利用が出来る施設があり、大東市は柔軟な葬儀のサービスが受けられるエリアです。宗教別の葬式のスタイルに疎い方にも、親切丁寧なアドバイスを行っているのが、大東市の葬儀場です。葬式の場合は、いつ何時発生するか分からないのが現実です。ですので、基本的な葬式のルールやマナーは、知っておいた方が恥をかかずに済みます。近ごろは、大東市の葬儀場のような総合施設が増え、全国でも色々なスタイルの葬式が執り行われている状況です。お金のやり取りについても、宗教ごとに少しルールが変わることから、葬式の前には情報収集が必要です。

故人の思い出を形に

葬儀会場

私たちは生きていると、家族や友人などを見送ることがあります。永久のお別れは非常に悲しいものですが、故人との最期のお別れとして、葬式があります。葬式は時代とともに変化しており、近年では大東市でもこじんまりとしたスタイルが支持されています。これは家族葬や密葬などと呼ばれており、近しい方々で見送ることができるため温かな気持ちで式を終えられるでしょう。また、小さなスタイルの葬式は亡くなられた後の整理の時間にも費やすことができます。旧来型の葬式は費用面、手配面ともに負担感が大きかったものです。しかし、葬儀社主導の小さいスタイルは、残された方のご負担を減らしてくれます。では大東市でこうしたスタイルの葬式を手配するにはどのように行えばよいでしょうか。方法は昔に比べるととてもスムーズです。ご希望に沿うような葬式を行う葬儀社に、メールや電話での直接依頼が可能です。病院経由などをしなくてもよくなっており、自分たちで選択することができます。また、複数社に同時見積もりを行うのもタブーではありません。金額面が気になる方は、見積もりを取り付けてから依頼をしましょう。無宗教の方にも配慮した方法が大東市内でも多く提案されているので、故人の意向を強く反映した葬式も可能です。大東市には恵まれていることに、多数の葬儀場や業者がいます。最期はまさに人生のフィナーレ、と言っても過言ではありません。不満の残らない葬式を実現しましょう。