Funeral-Stuffs

いざというときに備えて|葬儀の種類を知っておこう

お別れをサポートします

事前の段取りを知ろう

数珠

自分にとって身近な人が亡くなると、喪主を務めなければならない場面も出てきます。喪主を務める上では、葬儀を行うまでに様々な準備が必要となりますが、精神的に負担の掛かる時期に慣れない葬式では右往左往してしまいがちです。特に初めての場合だとどうしたらよいかわからないという人もいるでしょう。大東市にある葬儀社では、身内のご臨終から葬式、納骨まであらゆる面でサポートしてくれます。大東市でご臨終を迎えた時、葬儀社へ連絡をすると寝台車で駆けつけてくれます。病院で亡くなった場合には霊安室へ搬送されますが、出先での不慮の出来事の場合などは素早い対応をしてくれます。病院で死亡診断書を交付してもらうと、大東市の葬式に詳しい担当者から今後の流れを話してもらうことができます。ご臨終の後は仏間に北枕に寝かせ、燭台や香炉などの枕飾りを用意してもらいます。喪主は葬式の開催場所や日時、形式を決めていきます。葬式には宗派によって形式が変わっていきます。仏式だけでなく神式や無宗教形式で執り行う場合もあり、故人の生前の宗派を調べる必要があります。菩提寺がある場合には詳細を問い合わせをし、親族がいる場合には葬式の日程と共に宗派を確認してみましょう。大東市の葬儀社では宗派に合わせてさまざまな形式の葬儀を執り行うことができます。予算や集まる親族の人数により規模が異なっていきます。規模が定まると供物や供花の用意や、親族のもてなしのための料理などを考えていきます。友人や近しい人に手伝いをしてくれる人もいるので、受付や配膳の用意など人手のいる場所をお願いしましょう。事前の用意ができたら最後のお別れの儀式です。満足のいく葬式にしていきましょう。

それぞれの特徴を押さえて

男性

大東市でお葬式をあげる場合、選択肢はいくつかあります。大東市で選択できるお葬式は様々な種類があり、その特徴も様々です。現代では様々な形のお別れ方法があり、故人の思いや予算、遺族の意向などにより選び分けるのが一般的になっています。一般的なお葬式が一般葬というものです。家族以外にも生前お世話になった人を呼んで葬儀を行い、通夜と葬儀は二日間に分けて行います。自宅で行う場合と施設などで行う場合があります。一般葬よりも大きな形で行い、会社が主催して行うものを社葬、合同葬といいます。世間的に影響力のある人をおくる場合や、会社の重役をおくる場合にこのような形をとります。家族とごく親しい身内だけを呼んで行う小規模な葬式が家族葬です。近年増加している形態です。家族葬よりもごくごく内輪でひっそりと行うものが密葬です。家族葬とほぼ同義ですが、周りに大きく知らせるかどうかという点に違いがあります。故人の思いを大切にして自由にお別れするものを自由葬といいます。自由葬には、音楽葬、花葬などがあり、従来の形式にとらわれていないため非常に様々な形があります。大東市で選択できるものはこのようなものが一般的ですが、仏式か神式か、キリスト教式かという違いや、通夜と葬儀を一日で行うか二日に分けるかという違いもあります。大東市でも様々な方法をとる人が増えてきており、それにあわせて業者の提供するサービスも多様化しているのでよく考えて選ぶ必要があります。

断り方にもマナーと心遣い

フラワー

葬式はほかのイベントと違い急に入るという特徴があります。そのため、大東市に住んでいて大東市の葬式に参加するという場合でも、参加できないことはありえます。たとえば、大東市から遠く離れた地で親しい身内の結婚式などがあり、泊まりがけで参列している場合などです。そのような場合、大東市の葬式でも参加することはかなり困難です。また、本人の体調が思わしくないときや、関わり合いになりたくないといった理由で参列が難しいとき、参列したくないときもあるでしょう。いずれにしても、葬式などの弔事は第一にすべき事柄なので、断り方には注意が必要です。まず慶事と重なった場合ですが、慶事よりは弔事を優先するのが基本と心得ておきましょう。なぜかというと、亡くなった人とのお別れができるのは葬式が最後だからです。結婚式などの慶事では、本人たちとその後も会えるので優先順位は低くなるわけです。それでも前述の通り行けないことはありえるのですが、慶事が理由と伝えるのはマナー違反となるので注意しましょう。同様に体調不良や、行きたくないという場合も正直に伝えると角がたつことが多いので、「やむを得ない事情」「一身上の都合」といった理由で一括りにしてしまうのがおすすめです。伝えるときは、電話、メール、手紙などが考えられますが、葬式の前後は忙しいので簡潔に伝えることを意識しましょう。メールや手紙のときは顔文字は避け、誠実で丁寧な文章を心がけましょう。